アニマル

軽視すると危険です

鳩の被害について

鳩がベランダなどに定着してしまった場合は鳩の糞害に悩まされることになってしまいますよね。次第に鳩の糞も溜まっていってしまいますので、鳩の糞でベランダの床や手摺り部分が極めて汚い状態になってしまいます。そのような状態になってしまった場合は、鳩の糞に含まれた細菌などを肺などに吸い込むことによって呼吸器系の病気を発症してしまう可能性があるので気をつけましょう。特に幼いお子さんの場合は免疫力が低いので生涯付き合っていかなければならないような病気を発症しやすいので注意が必要です。

市販品を利用するのも有効な手段です

鳩被害に遭ってしまった場合は市販品を利用するのも有効な手段だといえます。鳩対策の商品は鳩を遠ざけるための忌避スプレーや鳩が手摺りにとまるのを防止するためにベランダに取り付けるニードルなどが存在します。こういった商品にはそれなりの効果が期待できますが、残念ながら確実に鳩を追い払えるわけではないので、実際に忌避スプレーや手摺りに設置するニードルを購入したとしても必ず鳩を撃退できるわけではありません。そこでお勧めなのが鳩ネットです。鳩ネットは他の鳩対策商品と同じく市販品ですが、上手にベランダに設置することによって確実にベランダへの鳩の侵入を防止することが可能です。ただし、鳩ネットを設置するときに中途半端に隙間が残ってしまうと、逆に鳩にとってより安全な場所と化してしまうため、鳩ネットを張るときは鳩が進入できるような隙間をしっかりと防いでおきましょう。